雨漏りを防ぐ

花の咲く庭

最近は雨漏りの話をあまり聞かなくなりました。雨漏り修理で難しいのは原因を正確に掴むことです。最近は昔のように単純に屋根に穴が空いたから雨漏りがするというようなことは無くなっています。屋根に昇っても簡単には原因が掴めないようになっています。一番可能性のあることが防水のシートが切れてそこから水が入ることです。シールの切れはよほど大きな亀裂が無ければ分かりにくいので、染み具合などをつぶさに観察してから判断することになります。シートが切れている場合には周辺部分を含めて新たに防水シートで覆う措置を取ります。また、窓やその周辺のシールの切れが雨漏りの原因になることもあります。雨漏り修理はシール業者の仕事となることが多くなっています。

雨漏り修理を考える時には最近の傾向を見ておく必要があります。防水シートや防水シールは経年変化で傷みますから定期的に点検する必要があります。高い所は簡単には点検できませんから外壁の塗装を行う時などに点検することが大事です。外壁塗装のための足場が設置された段階に専門業者に回ってもらい、外壁の具合の他に窓やベランダなどのシールや取り合いの状況を点検してもらいます。その時点で具合の悪い個所が見つかった場合には塗装工事を行う前に防水シールや防水シートの工事を行わなければ、雨漏り修理にはなりませんので、先行して行うことになります。建物を長く維持するためには定期的な点検が不可欠ですから費用を掛けても実施することが必要です。